リポドリンの死亡例は無い事例は2004年のアメリカFDA認可前エフェドラのオーバーユースから

リポドリンは日本では認可されていないエフェドラを使用した食欲抑制剤です。

 

日本では認可されていないため「やっぱり危険ではないのか」と心配する人も多いでしょう。

 

実際、米国では2004年までリポドリンの主成分であるエフェドラ(麻黄)の自由販売製造が認可されていました。

 

粗悪な製造と、認知の無さ、アメリカ流オーバーユースが重なり、副作用の心臓血管病,心拍異常,けいれん発作,精神異常などが多発し、死亡者も出ていました。

 

しかし、2004年2月にFDAにより制定された新規則が、2ヵ月間の猶予をおいて、4月8日から施行されたものです。

 

現状はFDA管理化に置かれ適切な使用さえ守れば安全となっています。

 


リポドリンの死亡例はありませんが副作用はある

リポドリンの主成分であるエフェドリンは、麻黄(まおう)植物から抽出されるアルカロイドのこと。

 

 

交感神経を興奮させる効果があり、気管支拡張剤や風邪薬の成分に用いられています。

 

実は処方薬ではナガヰやマルイシ、市販薬ではパブロンやバファリンにも含まれている成分なのです。

 

エフェドリンには体温を上昇させ、食物エネルギーを燃焼する働きつまりは脂肪を燃焼しやすい働きがる

 

但しその反動でエフェドリンには食欲不振の副作用がありダイエットではメリットになってしまうという効果なのです。

 

リポドリン(主成分エフェドリン)の副作用

 

めまいや頭痛、食欲減退、不安神経症、胃腸障害、不眠、高血圧などがあり、オーバーユースにより死に至る危険性もあります。

 

1) 40歳の男性が体重減少を目的としてエフェドラ(マオウ)入りハーブサプリメントを1,000mg/日、1ヶ月ほど使用したところ、腹痛と出血性下痢をおこし、虚血性大腸炎と診断されました(PMID:18581601)。
2) 36歳の女性がマオウ18mgを含むサプリメントを2錠/日服用したところ、脱力感や肝機能マーカーの上昇、血清中のビリルビン濃度の上昇などを呈し、急性肝炎と診断されました。使用中止により回復しています(PMID:18334855)。

引用:https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/detail1134.html

 

日本の厚生労働省でも提示しています。(思ったより少ない)

 

エフェドラ情報(厚生労働省)

 

https://www.mhlw.go.jp/kinkyu/diet/jirei/ephedra.html

 

リポドリン(カフェイン)の副作用

 

エフェドリンとカフェイン、その他の興奮剤を同時に摂取すると、めまい、震え、頭痛、不整脈、心臓発作、精神病、脳卒中などの有害事象が誘発される可能性があります。

 

特にコーヒーや緑茶、紅茶などのカフェインに対して耐性の無い人はリポドリンの使用には細心の注意が必要です。

 

少量でも飲むと眠れない、ドキドキする、不安感が出る、そわそわする等

 

実際日本でもカフェイン中毒死をした男性がいます。

 

国内初、カフェイン中毒死 エナジードリンク日常的に大量摂取か:産経ニュース

 

男性の解剖を警察の依頼で担当した福岡大法医学教室の久保真一教授によると、血中濃度が血液1ミリリットル当たり約70マイクログラム以上に達すると死亡例が報告されているが、男性の解剖時の血中濃度は同182マイクログラムだった。

 

そこまでのオーバーユースは稀だとは思いますが注意しましょう。

リポドリンの摂取をしてはいけない人

  • 心臓疾患
  • 高血圧症
  • 甲状腺疾患
  • 糖尿病
  • 不安神経症
  • 緑内障
  • 褐色細胞腫などの疾患がある人

症状を悪化させる可能性があります。

 

当然ながら妊婦や授乳婦の使用は禁忌です。

リポドリン死亡リクスを減らし安全に使用するならカフェイン摂取量に注意

リポドリンを安全に使用する上でカフェインコントロールは重要となっていきます。

 

以下が一回に対ししての成分量

 

  • エフェドラエキス 25mg(葉)
  • Senegalia Berlandieri エキス(葉)[フェニルエチルアミンアルカロイド 225g 生成、フェニルエチルアミン、メチルシネフリン、N-メチル-B-フェニルエチルアミン、N,N-ジメチルフェネチルアミン]
  • シネフリン塩酸塩
  • テオブロミン
  • 緑茶エキス(EGCG 45mg)
  • テオフィリン
  • フーディアエキス(サボテン)
  • カワラケツメイ(苗)
  • ナリンギン (果実)
  • 6,7 ジヒドロキシベルガモッチン(果実)
  • 5-メトキシトリプタミン塩酸塩
  • L-5-ヒドロキシトリプトファン
  • ヨヒンベ塩酸塩
  • カフェイン(無水) 100mg

日本では推奨するカフェイン量に関する明確な基準はありませんが、カナダや、ニュージーランドでは健康な大人についても基準を設けています。

 

<カナダ保険省、ニュージーランド食品安全>
体重1kgで 5.7mg以内/日

 

・体重70kgなら、400mg以内/日
・体重50kgなら、285mg以内/日

 

体重によって変わってくるということですが、

 

男性は、400mg以内/日
女性は、300mg以内/日

 

がひとつの目安とすべきでしょう。

 

リポドリンを摂取している日は、カフェインを含む飲み物をなるべく控えるようにする、いつもよりも少量摂取にするにようにするのがベターでしょう。

リポドリンの死亡リスクを減らし効果的な飲み方・使用方法

  • リポドリンの服用量は1日2〜3錠
  • はじめてのリポドリン摂取の場合やカフェインに対して耐性がない場合ピルカッターで半錠からはじめる
  • 朝に1〜2錠、昼食後に1錠
  • 夜寝る前には摂取しないこと(覚醒作用によって不眠になり死亡燃焼効果が逆に落ちる)
  • 8週間以上続けて使用しない

2ヶ月で一旦止めるて1ヶ月間を置いてまた再開する、というような方法であれば安全に利用できます。

 

初めての人はドキドキバクバクする、動機が止まらない、ソワソワする、不安感が強くなるという覚醒作用によって興奮作用が強くでてめまいや吐き気、いわれもない不安症状が強くでる場合があります。

 

いきなり大量に摂取はせず、1錠から半錠で様子を見てみましょう。

 

急がば回れという言葉もあるように急いでも体調を悪くするだけです。

死亡リスクが上がるリポドリン飲み合わせ・併用禁忌

  • MAO阻害剤(モノアミン酸化酵素阻害薬)
  • アスピリン
  • 抗うつ薬
  • フェニレフリン
  • エフェドリン・プソイドエフェドリン
  • 非ステロイド性抗炎症薬
  • その他刺激物を含む製品

薬の作用によっては、高ぶった神経を鎮める作用のあるデパスなどがありますが、リポドリンは逆に精神を高ぶらせる作用のある製品。

 

双方の作用によって思わぬ体調不良を引き起こす可能性もあるので使用を控えるようにしましょう。

 

くすりと食品の相互作用:https://www.rad-ar.or.jp/use/guidance/interaction/caffeine.html

リポドリンの死亡リスクまとめ

1日でも早く痩せたい、たくさん飲まないと効果が実感できないのではといってオーバーユースをしなければ基本的に安全に飲める製品です。

 

死亡事例は大抵痩せないとといって大量に飲んでしまうオーバーユース

 

人によってはエフェドラ(麻黄)とカフェインの交感神経を高ぶらせる作用によって体調を悪くしてしまうリスクはあるので注意しましょう。

 

はじめての人は少量からはじめて様子を見る

 

これを徹底してください。

 

もし吐き気がする、そわそわする、動機がするという場合は

  • 水分を多く摂るようにして血中の薬効濃度を低下させる
  • お湯を飲み体温を上げて副交換神経を優位に働かせる

あくまで応急処置ですがこれで様子を見るように、万が一アレルギーや中毒といった症状が出た場合は早急に医師の診察をうけるようにしましょう。

 

ちゃんと使用上の注意を守って利用すれば

  • これほど楽に痩せられるアイテムは今までなかった
  • 日中も体の内側から元気が出るようなやる気がみなぎる
  • 今まで常に食べることしか頭になかったのが違うことに興味が湧くようになった

という痩せたいという呪縛から開放され、本当にやりたいことができるようになります。

 

今まで目にもくれなかったアパレルショップの憧れの服もきっと数カ月後には試着できてるんだという自信が芽生えますよ。

 

更新履歴